家族信託の応用

家族信託の応用

家族信託を使って、遺留分侵害額請求権を事実上封じる方法(自宅編)

家族信託は比較的新しい制度であり、後見制度や遺言では不可能だった事が出来るようになります。 一方、新しい制度であるが故に、法律上不明確な部分も多く、実務家も日々悩み試行錯誤しながら家族信託に取り組んでいます。 今回取り扱うテーマ「遺...
家族信託の応用

家族信託における信託目録とは?作成のポイントを解説します

家族信託を行う上で、自宅等の不動産を信託財産にしたい事が良くあると思います。 不動産を信託財産とした場合、所有権移転登記申請と信託登記の申請を行います。 ・所有権移転登記申請 →不動産の所有者を受託者にする登記申請。 ・信託の登記申請...
家族信託の応用

受託者を一般社団法人にした家族信託のメリット・デメリット

家族信託をご検討されている場合、まずは当サイトを含む専門家のサイトや書籍で情報収集をされると思います。 そして、その中で「一般社団法人」の事について触れられたサイト等を見た事はありませんか? 「一般社団法人を活用した家族信託を行いま...
家族信託の応用

成年後見人が選任されたら家族信託を取り消してくるのか?

家族信託を行う目的の中で代表的なのが、「認知症対策による家族信託」です。 委託者が受益者となり、自分が認知症になった時に備え、受託者となった家族に自分の財産の管理や処分を行ってもらう仕組みです。 つまり、認知症になった時に備えると言...
家族信託の応用

認知症になっても家族信託を行う方法

さて、上記のタイトルを見てこのページをご覧になられたと言う事は、おそらくあなたには認知症の親がいて、その親のために家族信託を行いたいのだと思います。 最初にお伝えしておきます。 認知症の人が家族信託を行うのは、不可能ではありませんが...
タイトルとURLをコピーしました