家族信託における受託者の義務って何があるのでしょう?

受託者

こんにちは。

私は家族信託の説明、特にデメリットの部分をお伝えする際、「受託者が大変である事」を良くお話しします。

受託者は他人の財産を預かりますので、信託法上様々な義務が規定されているのですが、具体的にはどのような義務があるのでしょうか?

今回は、その家族信託を行う上で受託者が負っている具体的な義務をお話ししたいと思います。

1.信託事務遂行義務

受託者は信託の本旨(本来の趣旨)に従って、受託者の仕事を行わなければいけません(信託法第29条1項)。

「信託の本旨」とは、「信託契約等で定めた内容の背後にある委託者の意図」とされています。

つまり、

・受託者は信託の目的の達成のために、信託契約等で定めた事について形式的に従っているだけではダメ。
・信託契約等で定めた内容の背後にある委託者の意図に従って、その仕事を行う事。

が受託者には求められているのです。

2.善管注意義務

受託者は、受託者としての仕事を行うにあたっては、「善良な管理者の注意」を持って行う必要があります(善管注意義務。信託法第29条)。

善管注意義務とは、業務を委任された人の職業や専門家としての能力、社会的地位などから考えて通常期待される注意義務の事です。

家族とは言え、他人の大切な財産を預かるわけですから、自分の物以上に大切に扱わなければダメです。

そして、もし受託者の不注意で信託財産に損害を与えてしまったら、賠償責任を負う事になるのです。

ただし、信託契約等で定める事で、この注意義務を重くしたり、軽くする事は可能です。

・受託者の責任を全部免除する規定は無効になります。

3.忠実義務

受託者は、受益者のために忠実に仕事を行わなければなりません(信託法第30条)。

家族信託は受益者のために行われるのですから、当然言えば当然の規定です。

その為、受託者の利益になるけれど受益者の不利益になる事(利益相反行為)や、受益者と競合する行為は禁止されています。

例えば、信託財産である不動産を、受託者が固有の財産で購入しようとする場合です。

受益者としては出来るだけ高く売りたいと思いますが、受託者としては出来るだけ安く買いたいでしょう。

このように利益が相反していますので禁止されているのです。

4.公平義務

受益者が二人以上いる場合、受託者は受益者のために公平にその仕事を行わなければなりません(信託法第33条)。

特定の受益者をえこひいきしてはダメですよ!と言う意味です。

5.分別管理義務

受託者は、信託財産と自分の財産をきちんと分けて管理しなければなりません(信託法第34条)。

受託者の財産と混ぜてゴチャゴチャにした場合、どれが信託財産であるのかが分からなくなります。

その為、不動産であれば受託者の名義に変更し、金銭であれば専用の口座を開設し、そこで管理する必要があります。

6.信託事務処理者の監督義務

受託者は自分の仕事を第三者に委託する事ができます。

(例えば、確定申告を税理士に依頼する事等。)

受託者が自分の仕事を第三者に委託した場合、信託の目的の達成のために必要かつ適切な監督を行う必要があります(信託法第35条)。

丸投げして「私、知りません~」ではダメと言う事です。

7.信託事務の処理の状況についての報告義務

受託者は、委託者又は受益者からの求めがあった場合、家族信託で行っている仕事の処理状況や信託財産に関する状況について、報告する義務があります(信託法第36条)

受託者は委託者や受益者等の管理・監督下に置かれます。

その為、報告を求められた場合、迅速に対応する必要があるのです。

8.帳簿等の作成等、報告及び保存の義務

家族信託を行っていると、常に収入や支出が発生しますので、それらに関する帳簿(信託帳簿)を受託者は作成する必要があります。

また、受託者は原則として年1回、「財産状況開示資料」を作成し、受益者に対して報告する義務があります(信託法第37条)。

9.まとめ

ぱっと挙げてみただけでも、受託者にはこれだけの義務があります。

他人の大切な財産を管理・処分する権限がありますので、当然と言えば当然なのですが、こんなに義務を羅列されると、正直萎縮するかもしれませんね。

「家族信託って、もっと楽なのかと思っていたのに!」

専門家によっては「受託者の仕事は簡単!」なんて言う説明をする人がいるのですが、実際にはこのように様々な義務があります。

でも、これは他人の財産を管理・処分する事について「当たり前」の事を定めているだけです。

義務は義務なのですが、そこまで萎縮する必要はありませんし、「人として当たり前の事を真面目にしっかりとやるだけ!」と言う意識であれば大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました