そもそも、家族信託って何ですか?

家族信託の説明家族信託の基本

信頼している家族に自分の財産を託す事。それが家族信託です。

信託・・・何だか難しい言葉ですが、難しく考える必要はありません。

信託は、読んで字のごとく「信じて託す」事です。

財産を託す人(委託者)と、財産を託される人(受託者)は、事前に

・どのような財産の管理、処分を行うのか?
・財産の処分が必要になった場合、その判断基準はどうするのか?
・誰のために家族信託を行うのか?
・どのような状態になった時に、家族信託を終了させるのか?
・家族信託が終了した場合に、残っている財産をどうするのか?

と言った細かい約束事を決めます(委託者と受託者で契約を行うと言う事です。)

委託者と受託者が家族信託契約を行い、その後に受託者はこの契約内容に従って、受託者としての仕事を行います。

その為、信託された財産(信託財産と言います)は、受託者の名義になりますが、だからと言って信託財産を受託者が好き勝手にできるわけではありません。

あくまで、信託契約の内容に従って、信託財産の管理・処分ができるだけです。

家族信託のイメージ

このように、登場人物は主に三人登場します。
(※委託者と受益者は同一人物でも別人でも構いません。)

それでは、細かく見ていきましょう。

委託者

委託者は財産を信頼できる家族の方に託す人です。

託す財産は原則何でも大丈夫です。

現金や預金、不動産、有価証券(株式)等、委託者名義の財産であればOKです。

でも例外として、受託者に渡す事が出来ない財産や誰かに対する借金はダメです。

受託者

受託者は、委託者から財産を託されて、事前の約束事に従って、その財産の管理や処分を行います。

家族信託の超重要人物と言っても良く、受託者の仕事のやり方によっては家族信託が失敗する事もあります。

その為、法律(信託法)で、受託者には様々な義務や責任が定めれています。

(家族とはいえ、他人の大切な財産を預かるわけですから、当然と言えば当然ですね。)

受益者

家族信託は、受託者が事前の約束事に従い、「誰か」の為に託された財産を管理・処分します。

その「誰か」にあたるのが受益者です。
(信託から利「益」を「受」けるので、「受益者」です。)

先にお話しした通り、委託者と同一人物でも良いですし、別人でも構いません。

受益権

上の図の中に、「受益権」と言う項目がありますので、こちらも説明しておきます。

分かりやすく言えば、受益者が持っている受託者に対する権利です。

例えば、

・信託契約の中で毎月生活費を渡す事になっているのであれば、生活費を貰う権利。
・自宅が信託財産になっているのであれば、自宅を快適に利用する権利。

このように、信託契約・信託財産から発生する、受益者の受託者に対する権利と思って下さい。

では、最後にここまでのポイントを振り返ってみましょう。

・家族信託は、委託者が受託者と、事前にどのような事を行うのかを約束(契約)して、委託者が財産を受託者に託す事。
・受託者は契約の内容に従って、受託者としての仕事を行う事になる。

 

【次の記事はこちら】

実際に家族信託を行いたい場合の方法とその流れは?
1.家族信託の方法家族信託を行うには、3つの方法があります。① 信託契約一番オーソドックスな家族信託です。委託者と受託者が信託財産やその財産の管理・処分方法を決めて、契約を行う方法です。当サイトでも家族信託と言った場合、基本的...

 

【「家族信託の基本知識」に戻る】

家族信託の基本知識
このページでは、家族信託で最低限知っておいた方が良い情報をご紹介しています。家族信託の概要家族信託の行い方とその方法家族信託の注意点・デメリット家族信託とその他の制度の比較受託者の実務(日常編)家族信託が終了した場合に...

 

タイトルとURLをコピーしました